海外旅行保険に入れば大丈夫?治療費の目安はどのくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行先での健康トラブルには、どのくらいの治療費がかかっているのでしょうか?

確国での治療費の目安と、海外旅行保険の頼りになるサービスを紹介します。

海外旅行で身近におこりそうな健康トラブルは?

海外旅行保険を使った方の支払い事例を見ると、健康にまつわる治療費の請求が、全体の約7割に及んでいることがわかりました(AIG損保 海外旅行保険 2016年度事故支払件数実績データより)。

心筋梗塞や脳卒中などの重症な病気もありますが、身近におこりそうで医療機関への入院や治療が必要なものというと、病気では「虫垂炎」、ケガでは「骨折」ではないでしょうか?

海外の医療事情~虫垂炎の治療費~

海外の治療費は日本に比べて高額になる場合が多いことが知られています。たとえば、虫垂炎での一般的な治療費(入院日数2~3日)を比べてみたいと思います。

イギリス(ロンドン)・・・94万5000円~135万円
フランス(パリ)・・・108万9200円
アメリカ(ホノルル)・・・300万円
シンガポール・・・110万500円~167万6600円
韓国(ソウル)・・・51万7600円~61万1700円 (※1)

治療費としては、アメリカがダントツに高額なのですが、いずれの国にしても一回で支払うことは困難な金額です。

※1 ジェイアイ障害火災 海外の医療事情 2016年8月現在のデータ

海外の医療事情~骨折の治療費~

治療を受ける可能性が高いケガというと「骨折」が考えられます。一般的な骨折の治療費としては、

イギリス(ロンドン)・・・13万5000円~20万2500円
フランス(パリ)・・・4万100円~4万5900円
アメリカ(ホノルル)・・・5万円
シンガポール・・・3万4300円~5万3300円
韓国(ソウル)・・・2万8200円 (※2)
など、虫垂炎に比べれば、比較的支払いやすい金額ではあります。

※2 ジェイアイ障害火災 海外の医療事情 2016年8月現在のデータ

キャッシュレス・メディカルサービスの活用

一般的には、これらの治療費はとりあえず全額支払い、帰国後に保険会社に請求することによって、治療費用保険金額を限度に治療のために支払った金額が払い戻されます。

ただし、海外旅行保険の保険会社が提携する医療機関で治療した場合、「キャッシュレス・メディカルサービス」によって、キャッシュレスで治療を受けることができます(※3)。

近くに提携している医療機関があるか?

保険会社のコールセンターに問い合わせることができます。ただし、提携する医療機関の数が少ない国もあるので、できれば渡航前に場所を確認しておきましょう。

※3 このサービスに伴って生じた治療費・移送費等の実費が、契約の保険金額または限度額を超過しない限り、自己負担金額はありません。

海外旅行保険は「安心のお守り」

海外旅行先で、健康トラブルに遭っても安心して治療が受けられるように、海外旅行保険には加入しておきましょう。

渡航前に、補償内容や提携先の医療機関の住所、24時間対応のコールセンターの電話番号を確認し、海外旅行を楽しんできてください。

参考記事

海外旅行先での体調不良。 病院はどうやって探せばいいの?
海外旅行へ行く時、海外旅行保険未加入なんてありえない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。