せっかくの海外旅行を台無しにしないために気をつけること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しみにしていた海外旅行先で、トラブルに遭ってしまってはせっかくの旅行が台無しになってしまうこともあります。

トラブルに巻き込まれないようにするためには、どのようなことに気をつければよいのでしょう?

自分の持ち物から目を離さない

当然のことのように思われるかもしれませんが、日本のような治安のよい国で生活していると、海外とのギャップにすぐには適応できない場合が多いのです。
何度も海外へ旅行している人でも、一瞬の気の緩みからトラブルに遭ってしまうこともあります。

たとえば、飲食店で食事をしている際に、コートなどを椅子にかけたままトイレに立つことがありませんか?
日本ではありがちなことですが、海外では「どうぞ盗んでください」と言っているようなものなのです。当然、盗む人が悪いと思いますが、海外では逆に不注意な人が悪いということになります。

よほど有名なホテルではない限り、ホテルに貴重品を置いたまま出掛けることも避けましょう。

出国するときから帰国するまで、自分の持ち物から目を離さないようにしましょう。

人込みではスリに気をつける

最近の日本ではあまり聞かないスリという犯罪ですが、海外では普通に横行しています。特に日本人は狙われやすいと言われています。移動の際には、財布などの貴重品を胸ポケットやズボンのポケットにしまわないようにしましょう。盗んでくれと言っているようなものです。

少しオーバーに思うかもしれませんが、貴重品は斜め掛けにできるバックなどに入れて持ち歩きましょう。
パスポートもそのままむき出しより、パスポートケースに入れておく方がよいですね。
「携行品」というように、まさに身につけるようにして貴重品を守りましょう。

大金を持ち歩かない

海外旅行へ行く際に現金がないと心配という方がいらっしゃいますが、大金はなるべく持ち歩かない方がよいでしょう。持ち歩く現金は最小限にして、クレジットカードで決済するようにします。

万が一盗難にあった場合、クレジットカードはカード会社に連絡して止めることができますが、現金は「携行品損害補償」の対象外なのです。もちろん、現金も必要な場合がありますから、全部を現金で準備することは避けるようにしましょう。

また、クレジットカードや現金は、小分けにしておくことをおすすめします。そうしておくと、万が一盗難にあった場合でも全財産を失くすことはないでしょう。

海外旅行保険の契約書は必ず持参しよう!

置き引きやスリなどの犯罪に遭った場合、海外旅行保険を使うためにはポリスレポートが必要になります。
どのような手続きが必要になるのか?問い合わせるためにも海外旅行保険の契約書を持参するようにしましょう。

もし、いざ海外旅行へ出発!という当日になって、「海外旅行保険に加入するのを忘れた!」としても大丈夫です。
インターネット型の海外旅行保険でしたら出発当日まで加入することができます。
海外旅行保険は、いざというときの心強い味方になりますよ!

その他の参考記事

海外旅行保険に入れば大丈夫?治療費の目安はどのくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。