海外旅行先での置き忘れに保険は使えるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行先でうっかり忘れ物をしてしまった場合に、海外旅行保険は適用されるのでしょうか?

海外旅行保険の補償にある「携行品損害」について調べてみました。

携行品損害補償とは

携行品損害補償とは、

「保険の支払い対象となる期間中に、持ち物が盗まれる・壊れる・火災などの偶然な事故で損害を受けるなどした場合、持ち物1つ(1個、1組または1対)あたり、契約の携行品損害保険金額万円を限度として、その時点での価格(時価)、または修理費用のいずれか低い金額を支払われるもの」です。

もちろん、故意による携行品の破損については補償されません。

置き忘れや紛失は「携行品損害」の対象となるのか?

置き忘れや紛失は、先に説明した「盗まれる・壊れる・火災などの偶然な事故で損害を受けた場合」に当てはまらないので、補償の対象にはなりません。

実は、海外旅行保険に限らず、国内での旅行保険などの「携行品損害」も置き忘れや紛失に対しての補償はありません。

自分でどこかに置き忘れてしまったり、うっかりしていて失くしてしまうなどは、引ったくりや盗難のような事件性があるものとは原因が異なります。

各保険会社の約款に、保険金をお支払いできない場合として「置き忘れや紛失」と記載されていますので、確認してみてください。

もし忘れものに気づいたら

残念ながら携行品の置き忘れや紛失について、海外旅行保険で補償されることはありませんが、忘れた場所によっては早く気づき対処することで、携行品が戻ってくるかもしれません。

・ツアーに参加している場合には、添乗員へ連絡する。
・ホテルに忘れた場合、電話では言葉の問題があり伝えづらいならメールで問い合わせる
ホテルによっても異なりますが、一般的には現金やパスポート、クレジットカードなどの貴重品はしばらく保管していることが多いです。
・空港や飛行機内に忘れた場合、すぐに気づき問い合わせをすれば戻ってくる可能性が高いです。

レストランやお店に忘れた場合でも、諦めずお店に問い合わせてみましょう。ただし、海外での置き忘れは「盗んでくれ」と言っているようなもの。携行品には十分に気をつけましょう。

忘れ物を国際便で送ってもらう場合の注意点

忘れ物を見つけてもらえてもその場に戻れない場合には、国際便で送ってもらうことになると思います。
着払いとなるため、旅行先の国によっては高額となることは覚悟しましょう(もちろん携行品損害補償の対象外です)。

また、国際便で送ってもらう場合、帰国時に空港または機内で別送品があることを申告しておく必要があります。手続きを忘れてしまうと、輸入品とみなされて自分のものなのに関税がかかってしまいます。

置き忘れや紛失は海外旅行保険の補償の対象外

置き忘れや紛失は、残念ながら携行品損害の補償の対象にはなりません。

でも、忘れ物をしないために、
①荷物を広げすぎない
②定位置を決める
③持ち物のリストをつくる
などに注意して海外旅行を楽しんできてください。

その他の参考記事

海外旅行保険に入れば大丈夫?治療費の目安はどのくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。