ワーキングホリデーで何をする?~後悔しないための心構え~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワーキングホリデーに挑戦してみたい、と思った事がありますか?

ワーキングホリデーは、よく耳にする言葉ではありますが、実際に何をするための制度なのか、よくわからないという人も多いと思います。

せっかく行ったのに何も得られなかったと後悔しないためにも、ワーキングホリデーの意義を確認しておきましょう。

ワーキングホリデーとは?

まず、ワーキングホリデーとはどのような制度なのかをきちんと理解する事が大切です。

ワーキングホリデーとは、基本的には18歳~30歳までの人が、ビザを取得して、1年間海外で生活する事が出来る制度です。
留学とは異なり、現地で働くことが出来るので、滞在費用を安く済ませる事が可能です。

ただし、1つの国につき1度しか使えないので、やり直しがきかない貴重なビザであると言えるでしょう。

また、ワーキングホリデーは、現地で何をするのかを自分で決める事が出来ますので、自由度が高い反面、目的を見失ってしまう人も多いというのが現状です。

 

ワーキングホリデーでは何をするのか?

外国では、実際にどのように過ごせばよいのでしょうか?
本人の英語力や目的によっても異なりますが、プランの一例をご紹介しましょう。

まずは、自分の英語のレベルに合わせて、語学学校を決めます。
この時、自分の英語力をどのレベルまで高めたいのかを考えて、学校やコースを選ぶと良いでしょう。

ある程度、英語でコミュニケーションが取れるようになったら、仕事を探します。
履歴書の書き方や面接の受け方は、語学学校の先生などに相談してみる事をお勧めします。

海外では、積極的に自己アピール出来なければ、高い評価は得られません。
事前準備をきちんとして、面接に臨みましょう。

働いて、海外生活に慣れてきたら、いろいろな所に出かけてみてはいかがでしょうか?
旅行に行ったり、友人とパーティーに参加してみたりと、いろいろな経験をする事で、新しい発見があると思います。

せっかく海外にいるのですから、日本では経験できないようなことにチャレンジしてみて下さいね。

 

後悔しない現地での過ごし方とは?

「せっかくワーキングホリデーに来たのに、何をするべきかわからず、英語も話せるようにならなかった」なんて事にならないように、きちんと目標を決めておきましょう。

TOEICのスコアを伸ばしたいとか、外国人の友達が欲しいなど、出来るだけ具体的に目標を決める事が大切です。

目標が決まったら、達成するための方法を考えます。

現地では、なるべく日本語が通じない環境に身を置きましょう。
海外にいれば、自然に英語を話せるようになるというわけではありません。
日頃から英語で考えるなど、努力をする必要があるのです。

また、現地で有意義に過ごすためにも、渡航前に貯金をしておく事も大切です。
生活のためにひたすら働いて過ごしたというのであれば、海外に来た意味がありませんよね。

海外で条件のいい仕事に就くためには、日常会話レベルの英語は話せるように、あらかじめ勉強しておく必要があります。

 

まとめ

ワーキングホリデーで何をするのかは自分次第です。
後悔しないように、下準備はしっかりしておきましょう。

また、日本での生活がうまくいかないからと、何となく海外に行っても、何も変わりません。
むしろ、海外で生活する方が挫折感を味わう事が多いでしょう。

ワーキングホリデーは、自分自身と向き合う良い機会です。
あの時、ワーキングホリデーに行ってよかったと思えるような、充実した海外生活を送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。