ワーキングホリデーが終わって、帰国後はどうするか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今、日本でも英語の需要が高まり、その重要性が表立ってきました。
座学としての英語だけでなく、仕事で英語が必要な場面も増えたことから、個人の技術や知識をより極めたいと感じる方も増えましたよね。
目標を達成する一つにワーキングホリデーが挙げられますが、実際に帰国後はどのように行動し考えるべきでしょうか。

ワーキングホリデーで帰国後には何が残るか

さて、それぞれの個人の思いでワーキングホリデーに向かい、それが終わった帰国後には何が残っているでしょうか。
見知らぬ土地での様々な出来事は人生観を変えてしまうほどの影響があるかもしれません。
まずは、何を経験し、何を得たかを振り返ってみましょう。
そして、そこから今後活かせそうな事を考えます。

ここでは世界の公用語であるところの英語のことを書きますが、それぞれの留学先の言語に置き換えてみて下さい。

見知らぬ土地で会ったことがない人と話すという中で、自然と英語に関する能力、リスニング力やスピーキングの力は身につくように思われます。

それは帰国後の日常の場面でいつも役立つとはならないかもしれませんが、いざ英語が必要な場面ではその能力を発揮できる可能性があります。

また、得られるのは言語能力の向上だけではないと思います。
留学したその国の優れた技術や、そこで生活することで手に入れた知識などを得る事もできます。

それらは直接には仕事に関わらないかもしれません。
しかし、間接的に使える可能性があります。

つまり、その知識や技術から教訓的なものを得る、別の言い方をするとそれらを一般化することで、一見関係ない事柄を繋げることができます。

 

ワーキングホリデーで得たものを帰国後にどのように活かすか

上記以外にもワーキングホリデーによって得られることは数え切れないでしょう。
それは実際に体験して初めて実感を得られるのだと思います。
それでは、それらをどのように発揮していけば良いのでしょうか。

英語の能力を活かしたいと考えた時、目に見える形でその能力を示すのは効果的です。
口で能力を伝えることは難しく、また相手に伝わりづらいことがあります。

そこで、TOEFLやTOEICなどの点数で示すことで自分の能力の可視化をします。
そのようにすることで、初対面の相手にも見知った相手にも英語の能力を分かりやすく伝えることができます。

また、ワーキングホリデーで得た技術や知識を活かすには、より専門性の高い事に利用する事が重要のように思われます。

英語を利用して且つ専門性の高い職業は人員不足であるかもしれませんので、比較的就業が易しいのではないでしょうか。
もしかしたらワーキングホリデーでの帰国後で、全く違う仕事場での活躍があるかもしれません。

 

まとめ

積極的な行動によって手に入れた知識や技術を無駄にしたくないと考える方は多いと思います。
しかし、そのためには様々な準備や環境が重要になります。
自分の向上した能力をどのような場面でどのように発揮するか考えることで、その思考は一地点に到達するかもしれません。
ワーキングホリデーを終えた帰国後も活躍するためのサポートがあるので活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。