海外留学の期間はどのくらい?短期留学、長期留学の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外留学の期間は、留学する目的によって異なります。

語学留学の場合には「短期留学」、大学留学であれば「長期留学」、その他にもインターシップやボランティア、ワーキングホリデーを利用して英語を勉強するケースもあります。

今回は、留学の期間別に適した目的を紹介します。

短期留学の期間とメリット

1週間から2カ月程度の短期留学では、実際の生活を通して英語を学ぶというよりは、現地での授業を通して英語を学ぶというスタイルです。

このような短期留学では、留学先の国の人ばかりではなく、他の国から同じように短期留学している人たちとも、交流をもつことがメリットのひとつです。

期間としては、夏季休暇や冬期休暇などの長期休暇を利用することで、休学などの負担がかからず留学することができます。

また、留学の目安としてはTOEIC400点以上、英検2級程度で、英語があまり得意ではない人でもなんとか生活していける程度の期間なので、これから本格的に英語をマスターしていきたいと考える人に向いています。

短期間ということで、費用が比較的安くすむことも大きなメリットです。

長期留学のパターンとメリット・デメリット

①休学するケース
在籍している日本の大学を休学し、海外の大学へ長期留学することは、のちの就職活動に大きく影響することになります。

現地での生活は長くその地に身を置かないとわからないこともありますが、留学費用やその目的をしっかりと考えて決めましょう。

②認定・交換留学
海外の授業を受けて単位を取得し、在籍する日本の大学へ以降できるという留学です。

休学する必要はないので、卒業が遅れる心配はありません。

その他の留学~インターシップやボランティア、ワーキングホリデーなど~

夏季休暇や冬期休暇のような長期休暇を利用して、申し込むものから、1年以上のものまでさまざまなスタイルがあります。

語学学習というよりも、現地での仕事やボランティアを通してコミュニケーション力をつけたいという人におすすめです。

また、語学力だけでなく、自分で考え問題解決する力を身につけることができ、就職活動には有利な材料となるでしょう。

留学期間の別留学費用

留学に必要となる費用は留学先や期間によって大きく異なります。

たとえば、アメリカに語学留学を短期間(3カ月)した場合の費用の目安は、アメリカで約90~110万円、同じ期間でカナダでは約50~80万円、オーストラリアで約55~80万円になります(※1)。

また、長期留学では、公立か私立か、2年制か4年制かによって授業料に幅があります。

アカデミックイヤー(9カ月)の費用の目安としては、アメリカの大学で約405万円、カナダで約230万円、オーストラリアで約320万円になります(※2)。

大学の交換留学を利用することができれば、二重に学費を負担することなく留学することが可能です。留学にかけられる費用を基準に、留学の期間を決めるのもよいでしょう。

※1・2「授業料+滞在費+食費」の目安:2016年留学ジャーナルからの出発者による統計

参考記事

海外留学必見!出先でできる節約術をご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。